1日8時間は食べ放題!それでも痩せる8:16時間ダイエットの魅力

1日8時間の間であれば何を食べても大丈夫、ただしそれ以外の16時間は絶食(飲み物は可)。

16時間の間に胃腸を休ませ消化吸収に専念させることで、胃腸が健康になる=太りにくくなる=痩せるという循環を作る8時間ダイエット。

2週間で2キロ痩せた、1ヶ月で5キロ痩せた、5ヶ月で15キロ痩せたなど、効果を実感する人がたくさん。

8時間ダイエットの方法

1日の食事を8時間に集中させる=朝食か夕食を摂らない、というダイエット方法になります。8時間という時間さえ守れば、炭水化物も天ぷらもお肉もおやつもケーキも、NG食材はゼロ。本当に何を食べてもいいのです。

消化器官が健康になることで、朝の目覚めがすっきりし、昼間の眠気やだるさも感じにくくなるそうです。

8時間ダイエットで必ず食べるもの

以下の8種類の食物から1日2種類を選んで必ず食べます。

  • 卵や脂身の少ない肉
  • 乳製品
  • ナッツ類
  • 豆類
  • ベリー系果物
  • 色の明るい果物
  • 玄米などの穀物
  • 葉物野菜

ベリー入りヨーグルト、玄米+豆腐、白菜と豆腐、牛乳とアーモンドなどなど。2つだけで良いので簡単ですね。変則的な仕事の人は、ビーフジャーキーとミックスナッツを用意しておけば、このルールは簡単に守れるでしょう。

8時間ダイエットの食べてはいけない16時間

絶食タイムは、水分のみ摂取可能です。お水もOK、コーヒーもOK(ブラック推奨)。ジュースや清涼飲料水など糖分を含むものは摂らないほうがいいでしょう。ただし、人によっては、置き換えダイエットに使われるダイエットシェイクを飲む人もいるようです。

ノンカロリーならOK、液体ならOKなど、人によって考え方が違いますね。どちらでも効果が出るのでご自身の生活スタイルに合うほうで良いでしょう。

8時間ダイエットの注意点

科学的にも16時間の絶食は痩せるということですが、16時間の間に脂肪だけではなく筋肉まで燃やしてしまう難点があります。

確かに体重は減ってダイエット効果はあるものの、身体にしまりがなくなった、皮膚が余ったなど、困った口コミも。

8時間ダイエットは、提唱どおりに食事だけで痩せられるダイエットですが、きれいに痩せるためには多少の運動や筋トレを併用したほうが良さそうです。

食事の回数を減らせば痩せられる

食事を摂る時間を管理するだけで痩せられるなんて、続けやすそうですね。

1日1食を取り入れている芸能人はたくさんいますし、人間の身体にとって、食事の回数は1日3回も要らないのかもしれません。